Re:allife

平理沙子/IT広報/司会とかインタビュアーも/東京大学/27歳/娘4歳/自由を愛するみずがめ座/地方創生や女性進出に興味/本が好き

「調整力」はれっきとした広報スキルの一つだと実感した2018

f:id:riiiii211:20181211181034p:plain

はじめに、このブログは【広報LT大会(Lightning Text) #PRLT Advent Calendar 2018】に参加しています(11日目!)

 

adventar.org

 

#PRLT は数ある広報系コミュニティの中でも参加者主体で、いつも参加メンバーは違うのにアットホーム。広報初心者でも、中級者でも、ベテランの方でもそれぞれのフェーズで楽しめるイベントだと思ってます!

 

この記事が初めましての方もいると思うので、まずは自己紹介をさせてください。

現在、フリーで広報/ライターとして活動している平 理沙子です(平子理沙ではない)。「フリーランス」とはいえ、歴はまだ3ヶ月程度で駆け出しペーペーです。


今年の夏まではDMM英会話で広報を担当し(今も関わってます)、現在はキッズラインというベビーシッターCtoCサービスでの新規事業・家事代行の立ち上げ/広報などの仕事をメインに、「朝渋」という早起きコミュニティのプレスを打ったり、各種オウンドメディアの編集したり等しています。プライベートでは4歳娘がいるいわゆるワーママで、ギャルとパリピに憧れています。(唐突)

f:id:riiiii211:20181211183326p:plain


さてさて前置きが長くなってしまいましたが、2018年は上記の通り、いろんな会社やコミュニティで広報として関わらせていただくことができました。

 

その中で、ある法則が見えてきた気がする...ので今回はそれについて書いてみようかな、と。法則といってもただの広報3年目の私が立てた仮説を述べるまでなので、ご意見があればぜひいただきたいです。

 

「調整力」はれっきとした広報スキルの一つだ

 

  • あーーー社長と記者さんの日程調整していたらすげー時間がかかってしまった...
  • プレスリリース文面、出来上がったのに確認の応酬でなかなか配信できない...
  • また、今日も調整だけで時間を使いすぎてしまった...


こういったことは、皆様もご経験があるのではないでしょうか。(まさに私の心の声をそのまま書きました)

 

仕事に「調整」はつきものですが、広報の仕事は特にそれが顕著。上記のような取材日程の調整、プレスリリースの調整、社内各所との連携、取材記事の確認、オウンドメディアやSNS発信内容の確認などなど...広報の仕事は、調整の連続とも言えますが1社で広報をやってるときは、自分が上手く仕事を回せないからこんなに調整や確認ばかりしているんだと思っていました。調整にばかり時間を割いてることに、焦っていたこともしばしば。

 

けど、今いくつかの会社やコミュニティで広報に関わったり、他の広報さんの話を聞く中で、どんなに経験を積んだ人でも、どんな会社やコミュニティでも、たくさんの関係者を巻き込む広報の1つの仕事として「調整」があるんだ、ということにやっと気づきました。「調整」は広報の大切な仕事の一つで、調整力も一つのスキルなんだと。

 

けど考えてみれば、それは当然のこと。だって、広報とは、その企業が関わる世の中のあらゆるステークホルダーと良い関係を構築していくこと

 

ということは、広報が他職種よりも調整が仕事の大きなウェイトを占めるのは当たり前。ただ、これは私の広報スタイルで、もっと職人的広報の人もいれば、アイデアマン広報の人もいると思うので一概に言えないかもしれないけど、調整を全くしない広報さんはいないんじゃないかな〜

 

そう考えてみると、ちょっとスッキリしたし、自分のやってきたことは間違ってなかったと少しの自信にもなった2018年。調整力もポータブルな資産だし、一つのスキル。スキルは、向上させることができる。次からは、私自身が皆さんの調整Tipsを知りたいがために、まずは自分が調整するときに気をつけてることを晒します。

 

調整の際に気をつけていること3つ 

▼即レス

最近はいろんな仕事術の本やライフハックメディアなどでも「即レス」の重要性は言われていますが、ただでさえ時間のかかる「調整」においての即レスは言わずもがな。自分がボール持ってる時間はできるだけ短くしたいもの。


▼その人にとって確認しやすいツールを使う

多種多様なメッセンジャーアプリが存在したり、記事確認の際にドキュメントをURLで送った方がいいのか、メッセにベタ貼りした方がいいのか...細かいですが、確認してもらいたい人によって好みが分かれてたりしますよね。その人がよく使ってるのは何? 他の人とはどうコミュニケーションを取ってる? というのを探ったりして、できるだけその人に合わせたやり方を取るようにしています。


▼自己開示をして弱みを見せる

上記2つは本などでもよく言われてる内容で、改めて私が言うまでもない気がしますが、自分的に一番大事だな〜と思うのはこの「自己開示」

 「調整」にダイレクトに使える、というよりは円滑に調整を進めるための関係性づくりに効いてくる気がするポイントです。

やっぱり人間同士のコミュニケーションなので、好きな人とか興味ある人に対しての方が早く返事したり、前向きに物事を進めようと思うもの。なのでやっぱりできるだけ多くの人に好かれておくことは結構重要だと思っていて。


で、なぜに「自己開示」?というところだと思うんですが、これは、その人の弱みこそが強みで、魅力的に感じるポイントだなぁ、と最近つくづく感じるという個人的経験が大きいけどw、やっぱり先に自己開示してもらえると、相手の信頼感も増すと思うんですよね〜〜

とはいえ、あまり取引先とか記者の人にいきなり自己開示してもウザいので、これは特に社内での関係性作りに有効かなと思います。伝説のパリピ広報・田尻さんも、社内調整の重要性はよく語られていらっしゃいますね!

 

logmi.jp

 

こんなことを言いつつ、前の会社ではだいぶウザめに自己主張してたものの今関わってるところからは「猫かぶってるよね?noteとテンションが違いすぎる」的なことも言われている自分w 積極的に自己開示していこう〜!

 

▼おまけ:「人を動かす

ちょっと余談ですが、今更ながら最近「人を動かす」を読んでいて、当たり前なようで改めて言葉にしてみるとできていないことが多いな〜と勉強になっている。

 

広報として、人間として、世の中や人を動かすために大切にしていきたい格言が盛りだくさん。年末年始の読書におすすめ!

 

人を動かす唯一の方法は、その人の好むものを問題にし、それを手に入れる方法を教えてやることだ。

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

ぜひ、みなさんの調整Tipsも教えてください〜〜〜!

 

おわりに

f:id:riiiii211:20181211210017j:plain

以上、「調整力」はれっきとした広報スキルの一つだ!という見解をお送りしました。

 

というか、よく考えてみたら広報に限らず人生において「調整」はつきもの。プライベートの予定だって日程調整するし、結婚式をあげようと思えば関係各所との調整は不可避だし、共働きで子育てしようものなら毎日が調整の連続。

 

こ、これは...もう、調整を制すものは人生を制す、とも言っても過言ではないのではないだろうか。

 

と、「平さんは組織の中で調整してくのに向いてる」と広報の師匠でこれまた伝説のパリピの千田さんに言われ、自分でもそう思い始めている(フリーになったのにw)私のポジショントークも入ってるかもしれないけれど、「なんか自分、調整しかしてないな...これで大丈夫かな。」と不安に思っている人の背中を、この記事が少しでも押せていればいいな、と思います。もう一度言います、調整を制するものは人生を制する!

 

それに「調整」って苦手な人もいると思うんだよね。誰にでもできることじゃないし、きっとできるあなただから任せられている。そう思うと主体的に人生を歩んでいける気がするんだ。(急にどうした)


最後までお読みいただき、ありがとうございました!フットワーク軽めなので、ぜひぜひランチなどお気軽にお声がけください!TwitterのDM開放してます!(六本木によくいます)

twitter.com

 

素敵な場を作っていただいた、#PRLT に感謝〜!次回開催は2月12日(木)とのことです!(私の誕生日の次の日だ〜←自己開示)

#PRLTについてのレポートはこちら

riiiii211.hatenablog.jp

 

2018年を一言で表すと

「出会い」かな〜〜〜広義でも狭義でも〜

 

ふろむださんの本を読んで、「思い浮かびやすい人」って最強なんじゃないかと思った。自分にも合ってる気がするし、目指せなくも無い気がして。

 

 

上記に気づいたのはこの本を読んだ9月に入ってからだけど、今年前半は意識せず色々動いたり、人と会ったりしてきたおかげで最近はいろんな面白い話をもらえてありがたい限り...!人との出会いが人生を飛躍させるよ〜〜

 

と言いながらも、自分の軸をしっかり持つことも課題だったりするんだけれども。
あとは心の専有面積を意外とあーゆー系に取られてるのが悔し悲しい...けど楽しかったりもする。

 

まぁけどなんかこういう意識高い話抜きにして、「人と出会うこと」「人と話をすること」、好きやし面白いんだよね〜〜普通に。

そして、占い的にも2018年(しいたけ占いでも算命学でも)の自分のキーワード「仕事」だったけどそれもかなり当たっていたなぁと思った。まだ終わってないけど!

 

明日は キッズラインの家事代行  を普通に1ユーザーとして頼んでみたのでめっちゃ楽しみ〜!2.5hで料理を7-8品作ってもらう予定〜〜〜栄養満点で料理で1週間過ごせるありがたみ...。

 

使ってみたら真面目なレポ記事を書くことをここに誓います!!!!!!!

 

人生のPVを上げて、思い浮かびやすい人になれるように2019年も頑張ろう!
そのためには、自分を充実させること。自分のレベルを上げること。

 

追伸:この本買ってみた!読むの楽しみ。読んだらグラレコしよう、久々に...!

 

STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

 

 

「色々やりたい!」は「もったいなくて捨てられない」と紙一重

いま全部それ状態〜〜

 

ほぼ毎日のように新しい人と会って、面白い話をして、それやりたいですね!って話になって、けど自分は一人しかいなくて、ふと考える。

 

自分が核を決めないと、働き方を変えても結局同じだな〜〜

 

色々やりたい!好奇心旺盛なんです!といえば聞こえはいいけど、可能性をゼロにするのがもったいなくって、ちょっと違和感を感じたり、これじゃない感があっても捨てきれない。ただの未練がましいやつ。

 

あれ、もっとサバサバした人間のはずだったのだけど〜!

 

いま全部そうやなぁ〜〜それで心の専有面積とられてる、感。

刺激があって楽しいのは本心だけど、くだらない中身ない雑談もしたい〜

とか言いながら、2回目も会いたい!って思ってもらえるような魅力もほしい〜

 

家で仕事してる時間長くなると、ぐるぐる考えがち。

 

今週もあと2営業日だけどやること✔

・インタビュー初稿

・PRプラン(これは明日まで...)

・事務系のやること整理

・イベント申し込み

・Zero to oneのまとめ

 

淡々と、やることをやっていこう!

一回、整理もしよう。

私がUberEATSの配達員を始めてみた、深そうで浅い3つの理由〜前編〜

f:id:riiiii211:20181005223847j:plain


フリ〜ランス生活、早くも1ヶ月!!!

10月1日の大安の日に開業届も出し、名実ともに個人事業主に...!

 

正直稼ぎもまだ全然だし、いま一番シェア占めてる仕事は企業の中での手伝いだから会社員ぽいと言えばぽいし(けど完全一人は向いてないと気づいたからちょうどいいw)、実感はそこまでない。

しかし!!やっぱり書類出すと、気持ち新たになる〜!!

 

そんな私ですが、表題の通り、

 

UberEATSの配達員、始めました。

 

いろいろ新しい環境に飛び込みまくりでキャパってる割に何してんねん!!!!って自分でもツッコミたい。

けど始めたのにはそれなりの理由があるので、その理由表明と実際どんな感じ?というのをまとめまーす! 

 

 

私がUberをはじめた理由

結論からいくと、UberEATS配達員を始めた理由は以下の3つ。

  • CtoCマッチングの覇者といえば"Uber"、その仕組みを実感したかったから
  • 安くないお金払ってFeelcycle(暗闇で自転車漕ぐジム)行くくらいならUberの方が運動できるうえにお金にもなるから
  • 身近にUberEATSの配達員してる人いないから自分がやればちょっとおもしろいかなと思ったから

 この、下へいけばいくほど出る本音感。素直さはチャームポイントです;)

 

とはいえ実際、最も引き金になったのは一番上の「CtoC」の理由。前職のDMM英会話は「英語を習いたい人と英語を教えたい人」のCtoCマッチングサービスで、今もジャンルは違うものの、CtoCに関わっている私。

一事業やってたときは気づかなかったけど、二事業CtoCやると、ジャンル違っても共通点が多いなと改めて気づき...!

 

そうなると、やっぱりCtoC関わってる身として「Uber」気になるじゃないっすか!?!?!?昔の人も、百聞は一見にしかずって言ってたじゃないですか!?!?そういえば、UberEATSってチャリ乗れれば誰でもできるんじゃ!?!!?ってなるじゃないですか??

 

あともう一つ加えるとしたら、ふと自分で思いついた、めっちゃしんどい時に薬局で薬を処方してもらうのを代行してくれるサービスってありじゃね!?!?=それってUberEATSのモデル、パクれるんじゃね!?!!?と思ったから。(なんで、ギャル口調なんだろう)

 

 

とりあえず理由はそんな感じ。深い?それとも、浅い?

 

好奇心の塊の私も、さすがに不安があった

そんな経緯で配達員登録ページまでは着地したものの、不安も2点。

  • ド文系で運動音痴な自分ができるのか
  • そういえば、女の配達員って見たこと無い


私、運動が本当に駄目で...(大学で一応...ダンス...やってたけど...)

しかし!!!!!なぜか、思えば自転車ににだけは縁のある人生だった。

 

実家はド田舎(最寄り駅から家まで徒歩40分)にもかかわらず、両親がどちらも車に乗れなかったので雨の日も雪の日も自転車で駅まで通いつづけたし(バスは1時間に1本しかなかった)。

今も娘を4年間チャリで保育園に送り続けてるし(いまや13kg)。

 

なので「チャリやったらどうにかなるやろ!!!」と自己解決。

 
そして、もう一つの「女の配達員いる!?!?」問題。

街で見かけるUberEATS配達員ってだいたい男性じゃないですか??


しかし、UberEATS 配達員 女性」 でググったら女性も何人かいらっしゃった!!!!

そしてなんと!!!お一人の方とご縁があり(って自分が一方的にDMを送りつけた...)親切にもTwitterで色々教えてくれて、いよいよ登録してみること!

 

実際どんな感じ?〜登録編〜

まずは、Web上での登録はまじでシンプル&超シームレス!!!素晴らしいUX!!!

 

web上で名前や住所だけ入力して、免許証と顔写真もweb上で登録!5分もかからない!

ここで離脱する人あんまりいないんじゃないかな...!

 

そして本登録は営業時間内(毎日12時〜19時)に恵比寿のUberEATSのセンターに行って、バッグ貰えば完了!シンプルすぎる...

 

予約なし履歴書なし面接なし!

しかも支払い週払い!

非常〜〜〜〜にオペレーティブ!!!!

 

(これ、ホームレスの人とか来たらどうするんだろう?というのが若干心配w配達員専用アプリを入れるために、スマホはマストだからその時点で跳ねられるのかな?)

  

そして一つ興味深かったのは、働き手のコミュティが意外と(?)しっかりできてること!

ある公園が配達員同士の情報交換の場になってたり、Twitterでも交流が盛ん!

上記は公式絡んでいないけど、公式としても配達員のためのmeetupを年に2,3回開催してるらしい!?

 

やっぱり、CtoCってサービス提供側のCをいかに採用し、モチベと質をキープするかが肝だと思うので、Uberが配達員ケアをどうしてるかは非常に気になる。まだわからないことも多いので、要チェック!

 

実際どんな感じ?〜配達編〜

そして登録を終え、本日ついに本番!配達デビューです!

生憎の雨でしたが、あのバカでかいリュック持ってわざわざ都内まで来たのでこの機会を逃すわけには!!!ということでデビューしてきました〜!

その様子は!!!!!!!


といきたいところなんですが、

本日は前述の通り、物理的にも精神的にも多動して疲れたのでここで終わり!!!!!!!

 

なるべく早く、「後編〜配達編〜」書きます!!!!(宣言)

もしUberEATS配達員気になる方は、こちらよりエントリーいただければ50回配達完了後にインセンティブもらえまーす!ぜひに!
 

道がわかる港区女子めざして、がんばるぞー!!!!


(配達員としてのTwitterも始めちゃったよ)

twitter.com

ただの週報(9/10~9/15)

こちらのはてなブログがnoteの下書きみたいになっているw
今日は一週間の記録です。noteには書かないかな。

9/10(月)
FCからの面談からのセミナー、面談は緊張してたけど超たのしかった。尊敬できる人がまた増えた。セミナーはちょっと悲しかった、、、あの空気感やっぱどーにかしたい。あと雨だったし、現実がみえた。

 

9/11(火)
朝から紹介案件があって、やっぱり人との出会い良いなぁ〜と思う。お久しぶりな方とランチ!盛り上がった。からの表参道で作業。アップルパイ買って帰った、おいしい。教えてもらった本を読んで、やっぱり出会い増やしたい!!と思う。凸してみる。

 

9/12(水)
大忙しの日。9:30からMTG→キックオフMTG→ランチ→見学→愛宕のスタバで作業。頭をつかった〜〜〜けどやっぱり出会いは楽しいなぁと。

 

9/13(木)

5:30起きでモーニング→MODIで作業→1h出社→前職の人とランチ!楽しい→美容院!!!!なんか急に思い立ってピンクのインナーカラーにした。楽しい!!!!!うれしい!!!テンションが上がった。noteも書いた。らいいこともあった。結局なんか行動力あげたらいいことあるなぁと思うわ。

 

9/14(金)

10-13出社。おもしろい!!!→広報仲間とランチ!楽しい。すごい一方的にうわああって喋った気がする。楽しい。丸の内良い気候→なんか疲れたので帰って寝てしまうZzz→夜あまり寝れず...

 

9/15(土)
朝8:00〜新規事業の会!!!非常に勉強になった〜〜〜〜楽しい。考えなきゃ。そのあとは特に何もせず。自転車漕いだ。bumpのプラネタリウム良いな〜〜〜

 

明日は友達と遊ぶ予定。明後日は何もなし

 

今気になっていること
・リュックほしい。サムソナイトか、教えてもらったやつか。

・マキアージュのアイシャドウ気になる。チークも秋っぽいやつほしい。
・けどやはり不安定なのでお金使うのに勇気がいるw
・インタビューどうするか

・企画どうするか

ZARAの服のグラレコしたい
・新規事業のフレームワーク考えたい
・収入源

最近、また占いに依存しがち〜〜w

けど今月って石垣島あるし、ぴあフェスあるし!!!結構楽しみ多いやん。

やっぱりちょっと仕事が不安??けどもうなんか、行動力増やすしかない〜〜あとやっぱり色んな人と出会うの楽しいんですよね。出会いが出会いを呼ぶし。紹介してもらえるように中身も磨こうって思う。ほんとうに、なんかもうそれに尽きると思います。人生は。けど結構だらだらしてしまうんですけどね。

 

終わり!!!!!!

 

プロ八方美人になりたい

やっぱり今の時代は「人」を知っているのが一番強い。

ビジネス的にもそうだし、婚活・恋愛的にも知り合いがたくさんいる=紹介してもらえるチャンスがあるから頼りにされるし、自分自身も楽しい。

悲しいことがあったとき、助けてくれるのも人だしね〜。

昨日微妙にネガティブなことがあって、なんとなく落ち込みがちな朝だったけど、顔の広いある人から良い話の連絡がきてすごくうれしくなったのと、
最近組織を飛び出したので色々な人と会うようになった(組織にいるときも色々な人にあう職種だったけどw)のをきっかけに実感した。

知らない人と会うとき、やっぱり友達と会うのと違って会いにいくまでの道のりは緊張するけど、会った後は絶対に楽しい気持ちになるし、さらにその人の知り合いの予想外の人の話ができたりしておもしろい。そして逆に自分が「こんなおもしろい人いるんですよ〜」って話して喜ばれるのも嬉しいし。


そのためには自分がいろんな人に面白がってもらえたり、紹介される人になるために、中身を磨いていかないと〜〜

 

割と八方美人なのがコンプレックスで、尖ってるけれどコアなファンがいる人にめっちゃ憧れてたけど、「プロ八方美人」という道も拓けるかもしれないなぁ。

今話題のふろむだ本・人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

でも「人生のPVを上げて、思い浮かびやすい人になる」という一文があって、はっとした。

 

人間の直感は、「すぐに思い浮かぶ情報」を課題評価するし、すぐに思い浮かばない情報を無視して判断するので、たとえば「どのデザイナーに仕事を頼むか?」という判断において、あなたが選ばれる確率は飛躍的に高くなる。

 

 

 

前のパリピ論と似たようなこと書いてるなぁ。


あああ、やっぱりポートフォリオ的な形で放置してるWordpress構築再開しよ。。。その方が紹介する方も楽やしね・・・

一週間が経ちました

うそだった、まだ一週間は経ってない!

 

一応有給休暇中でもあるこの日々。会いたい人に会っていつもよりちょっと運動もしたりして楽しい毎日〜:)

人に会うといろいろ発見があるね。なんだかんだ毎日3~4件予定があって充実しているしじーっとしているのはやっぱり無理だ〜才能がない:(

 

けど合間に地元でのひどい台風とか関空の橋が壊れて7800人が孤立したりのニュースを見て、いろいろ考えさせられた。

母親も関空で働いてるから他人事じゃないというのもあり。

 

経済の本を改めてちゃんと読み返してみたり。

 

地元の役に立つためにはどうしたらいいのだろうか。(浅い知識で書くけど)とりあえず反緊縮を辞めて公共投資に予算投入してほしい、増税は反対。日本国が持ってる金融資産があれば増税しなくてもいけるはず。

関空と市内が橋一本でかろうじてつながっていることの脆弱性を思い知ったよね。しばらくは復旧も難しいらしいしどうするんやろ...自分も帰省しにくくなったな〜〜とりあえず義援金活動が始まったら寄付したいな。そういうのも自分で始めるべきなのか?でも小規模に乱立してもあれやしな〜〜なんかもどかしい。

空飛ぶクルマの動向も気になる。りんくうとか広いし、導入モデル地区としてつかってくれへんのかな〜〜けどこの規制(?)があるから無理なのかな。 

 

また、空港と市街地との移動に空飛ぶタクシーが最適な移動手段として選ばれるには、街が空港から1時間ほど離れていることが理想的だとも説明しています。

japanese.engadget.com

 

とりあえず10日に上念さんと高橋洋一さんのセミナー聞くのめちゃたのしみ。グラレコもしよう〜〜それまでに本読もう。


 

来週は結構これからの新しい仕事についての打ち合わせも多々あるから今週中にリフレッシュしきれるだけしたい!でも別にストレスもたまっていないw

 

不安がなくもないけど、なんとなく明るい未来な気がする!

国民健康保険とか国民年金とか調べてたらうわわあああああってなったけど、結論:それを気にしないくらい稼ごう!!!!ってなった。(マイルドヤンキー?)

 

 

自分を高めたい!!!!!!!!!!!!!

書きなぐり記事でした。もうちょっとまとめて具体的にしてnoteでも書こうかな。