読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねお*リアルライフ

25歳東大卒・デキ婚からの2歳児持ち・ワーキングマザーに片足つっこみつつジェンダーについて考えたり考えなかったりするブログ

考える習慣が圧倒的に足りてない話

普段から「考え」てますか?

昔から「おもしろいこと考えてるね~」と言われることも多かったし、

人生のこととかよく通学の電車で考えてたつもりだったし

成績も良かったし

まさか自分が考えてない方の人間だとは思わなかった。

 

確かに、自分のことについてはそれなりに考えていたかもしれないけれど、

 

勉強については中学受験も含め、10年間くらい「いかに暗記するか」を重視して、あんまりじっくり考えることをせずひたすら詰め込んでたし、

(逆にそれで東大受かった自分すげー、褒めて欲しい)

敵を作りたくないからあまり意見を言わない(持たない)ようにしてきたし

(意見を強く主張する=悪 だとさえ思ってた、高校時代)

基本的に視野がせまいから自分と関係無い社会問題とかについては考えようともせず、

スマホ持ち出した大学生からは、空き時間=snsで自分のことすら考えなくなったし

 

そんなこんなで考える習慣をなくした人間が一人できてしまった

 

そうなると、会議に出ても発言ができない

営業に行っても適切な切り返しがすぐにできない

飲み会の場でも「そうですね!」の後が続かない(相槌だけは褒められる)

 

結局はこれ、原因は仕事の経験値が浅いとか、自分がはっきりとした物言いをするのが苦手とかもあるけれど

普段何も考えてないからいざってときに発言できないのかな、と

 

気づきました。

 
転機となったもの

きっかけは

仕事の関係で、東大卒の若手スタートアップ社長のインタビューをしたことと

この本

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

若手社長は何を質問しても、まくしたてるように言葉が返ってきて

(良い意味で、全て的を得ていて深い答えだった)

これは一朝一夕の考えではなく、普段から考えてるんだろうなーということがよくわかった

(後でその人の他のインタビュー記事を見ても同じようなことを言ってたし、

「深く考えることを習慣にしている」とまで書いていた)

 

上の「ゼロ秒思考」は、「考えること」はトレーニングで誰でもできるようになる、ということをわかりやすい言葉で述べていた

(というより人間は本来誰しも考える力を持っている、ということ)

しかもそのトレーニングは簡単な「A4 メモ書き」。

思ったことを言葉にして書いていくだけの、誰にでもできること。

 

とにかく自分は「考えること」

そしてそれを「アウトプット」することが圧倒的に足りてないなと!!!!!

 

自分が一番自信持ってた高校時代は

通学電車で色々考えて(携帯持ってなくて暇だったし)

ブログも毎日書いたりしてたから、自然とそれをやってのかもしれないなー

(しょーもない自分ことばかり書いてたというのは置いといてw)

 

というわけで開設しっぱなしだったこのブログも有意義に使っていきたいところ

てかこの大インターネット時代に何も発信しないのは本当にもったいないね

自分が仕事でブログで発信している人にインタビューとかお願いするようになって余計にそう思うわ

 

 

SNS流し読みももう辞め!いちいちに意見を持つよ(できるかな)

読書会というのにも興味が湧いてきた

 

この「考える力」の重要性は自分の子供にもちゃんと教えたいな

私って今思えば先生の言うこととかも素直に応じるし成績も良いし本当に日本の教育では鏡やったけど世界では通用しない典型例な気がする〜〜

 

いやーでも!遅くないぞ!

一緒に頑張ってくれる方、募集します!