Re:allife

平理沙子/IT広報/司会とかインタビュアーも/東京大学/27歳/娘4歳/自由を愛するみずがめ座/地方創生や女性進出に興味/本が好き

私がUberEATSの配達員を始めてみた、深そうで浅い3つの理由〜前編〜

f:id:riiiii211:20181005223847j:plain


フリ〜ランス生活、早くも1ヶ月!!!

10月1日の大安の日に開業届も出し、名実ともに個人事業主に...!

 

正直稼ぎもまだ全然だし、いま一番シェア占めてる仕事は企業の中での手伝いだから会社員ぽいと言えばぽいし(けど完全一人は向いてないと気づいたからちょうどいいw)、実感はそこまでない。

しかし!!やっぱり書類出すと、気持ち新たになる〜!!

 

そんな私ですが、表題の通り、

 

UberEATSの配達員、始めました。

 

いろいろ新しい環境に飛び込みまくりでキャパってる割に何してんねん!!!!って自分でもツッコミたい。

けど始めたのにはそれなりの理由があるので、その理由表明と実際どんな感じ?というのをまとめまーす! 

 

 

私がUberをはじめた理由

結論からいくと、UberEATS配達員を始めた理由は以下の3つ。

  • CtoCマッチングの覇者といえば"Uber"、その仕組みを実感したかったから
  • 安くないお金払ってFeelcycle(暗闇で自転車漕ぐジム)行くくらいならUberの方が運動できるうえにお金にもなるから
  • 身近にUberEATSの配達員してる人いないから自分がやればちょっとおもしろいかなと思ったから

 この、下へいけばいくほど出る本音感。素直さはチャームポイントです;)

 

とはいえ実際、最も引き金になったのは一番上の「CtoC」の理由。前職のDMM英会話は「英語を習いたい人と英語を教えたい人」のCtoCマッチングサービスで、今もジャンルは違うものの、CtoCに関わっている私。

一事業やってたときは気づかなかったけど、二事業CtoCやると、ジャンル違っても共通点が多いなと改めて気づき...!

 

そうなると、やっぱりCtoC関わってる身として「Uber」気になるじゃないっすか!?!?!?昔の人も、百聞は一見にしかずって言ってたじゃないですか!?!?そういえば、UberEATSってチャリ乗れれば誰でもできるんじゃ!?!!?ってなるじゃないですか??

 

あともう一つ加えるとしたら、ふと自分で思いついた、めっちゃしんどい時に薬局で薬を処方してもらうのを代行してくれるサービスってありじゃね!?!?=それってUberEATSのモデル、パクれるんじゃね!?!!?と思ったから。(なんで、ギャル口調なんだろう)

 

 

とりあえず理由はそんな感じ。深い?それとも、浅い?

 

好奇心の塊の私も、さすがに不安があった

そんな経緯で配達員登録ページまでは着地したものの、不安も2点。

  • ド文系で運動音痴な自分ができるのか
  • そういえば、女の配達員って見たこと無い


私、運動が本当に駄目で...(大学で一応...ダンス...やってたけど...)

しかし!!!!!なぜか、思えば自転車ににだけは縁のある人生だった。

 

実家はド田舎(最寄り駅から家まで徒歩40分)にもかかわらず、両親がどちらも車に乗れなかったので雨の日も雪の日も自転車で駅まで通いつづけたし(バスは1時間に1本しかなかった)。

今も娘を4年間チャリで保育園に送り続けてるし(いまや13kg)。

 

なので「チャリやったらどうにかなるやろ!!!」と自己解決。

 
そして、もう一つの「女の配達員いる!?!?」問題。

街で見かけるUberEATS配達員ってだいたい男性じゃないですか??


しかし、UberEATS 配達員 女性」 でググったら女性も何人かいらっしゃった!!!!

そしてなんと!!!お一人の方とご縁があり(って自分が一方的にDMを送りつけた...)親切にもTwitterで色々教えてくれて、いよいよ登録してみること!

 

実際どんな感じ?〜登録編〜

まずは、Web上での登録はまじでシンプル&超シームレス!!!素晴らしいUX!!!

 

web上で名前や住所だけ入力して、免許証と顔写真もweb上で登録!5分もかからない!

ここで離脱する人あんまりいないんじゃないかな...!

 

そして本登録は営業時間内(毎日12時〜19時)に恵比寿のUberEATSのセンターに行って、バッグ貰えば完了!シンプルすぎる...

 

予約なし履歴書なし面接なし!

しかも支払い週払い!

非常〜〜〜〜にオペレーティブ!!!!

 

(これ、ホームレスの人とか来たらどうするんだろう?というのが若干心配w配達員専用アプリを入れるために、スマホはマストだからその時点で跳ねられるのかな?)

  

そして一つ興味深かったのは、働き手のコミュティが意外と(?)しっかりできてること!

ある公園が配達員同士の情報交換の場になってたり、Twitterでも交流が盛ん!

上記は公式絡んでいないけど、公式としても配達員のためのmeetupを年に2,3回開催してるらしい!?

 

やっぱり、CtoCってサービス提供側のCをいかに採用し、モチベと質をキープするかが肝だと思うので、Uberが配達員ケアをどうしてるかは非常に気になる。まだわからないことも多いので、要チェック!

 

実際どんな感じ?〜配達編〜

そして登録を終え、本日ついに本番!配達デビューです!

生憎の雨でしたが、あのバカでかいリュック持ってわざわざ都内まで来たのでこの機会を逃すわけには!!!ということでデビューしてきました〜!

その様子は!!!!!!!


といきたいところなんですが、

本日は前述の通り、物理的にも精神的にも多動して疲れたのでここで終わり!!!!!!!

 

なるべく早く、「後編〜配達編〜」書きます!!!!(宣言)

もしUberEATS配達員気になる方は、こちらよりエントリーいただければ50回配達完了後にインセンティブもらえまーす!ぜひに!
 

道がわかる港区女子めざして、がんばるぞー!!!!


(配達員としてのTwitterも始めちゃったよ)

twitter.com